日曜日, 4月 14
Shadow

専門外来に携わる前に知っておきたいこと

睡眠外来、糖尿病外来などの専門外来における看護業務の多くは、病棟勤務と違って夜勤がありません。基本的に日勤だけなので、看護師から人気が高い勤務形態となっています。仕事内容は主に医師の診療補助であり、問診や検温、採血など幅広い業務があります。病院の規模が小さい場合は、カルテ処理や事務作業などを行うこともあります。

基本的に看護師の外来勤務は夜勤がないため、簡単そうなイメージを持たれがちです。しかし、実際のところ仕事量が少ないわけではなく、並行して様々な業務を処理する必要があり、病棟勤務と同様に忙しいでしょう。人手不足の影響で、残業が発生するケースも珍しくありません。

夜勤が無いことは専門外来のメリットと思われがちですが、収入面では当然夜勤看護師の方が有利です。どちらのメリットを選択するかは、本人や家族のライフスタイルによって変わってくるでしょう。家族と過ごす時間をしっかり取りたいなら、外来勤務の方がおすすめです。夜勤がなければ生活のリズムを作りやすく、身体的な負担も少ないといえます。

こうした背景を踏まえて、結婚などを機に外来勤務に移行する看護師は少なくありません。ただ、元々病棟勤務だった方が実際に仕事をしてみると、業務内容の違いに戸惑いやすいものです。時間の流れ方からまるで違うため、それに慣れるまでに苦労しやすいでしょう。

もし専門外来に関わりたいと思っているのなら、仕事の流れはもちろん自分に適正があるのかも調べておく必要があります。そのためには、事前にネットなどで現場の口コミをリサーチしておくことをおすすめします。