木曜日, 5月 23
Shadow

タグ: 仕事

アレルギー科の仕事事情

看護師は、医療に携わる者であることにはみんな同じですが、関わる診療科によって作業内容は大きく変わります。 中でも、アレルギー科は複数の分野に関係していて、色々な症状を抱えた患者さんが訪れます。職場によっては多くの知識を要し、仕事の負担が大きくなる場合もあるため、働く前にしっかり確認しておいた方がいいでしょう。 アレルギー科の診療で代表的なのが花粉症であり、春の季節になると大勢の人が病院に駆け込みます。花粉症には色々な対策があるため、その人に合った対策を詳しく説明する必要があります。 看護師は直接的な治療には関わりませんが、その他のコミュニケーションは基本的に任されます。薬の特徴や器具の使い方等の説明を担うこともあるため、十分な知識を持っていなければトラブルになりかねません。 アレルギー科の仕事では、子供に接する機会が多く、小さい子の扱いに慣れていないと苦労しやすいでしょう。子供は繊細なのでできるだけ優しく接して、不安を感じないようにする必要があります。薬などの説明も子供向けにしなければならず、伝え方をしっかり考えておかなければなりません。 また、重度の症状が出るアレルギーに対応する場合は、特別な方法で対策しなければなりません。ショックで亡くなってしまう場合もあるので、十分に注意して働く必要があります。症状が重いアレルギーの方には、薬の使い方をより丁寧に伝えなければなりません。急に症状が悪化した時の対応もいるので、緊急時にどうするかも学んでおいた方がいいでしょう。 アレルギー科の仕事は簡単に思われがちですが、長期の治療に加えて重度の方への対応もあるため決して楽ではありません。しかし、その一方で比較的長く患者さんと向き合える仕事でもあるため、信頼関係を築けるケアを望んでいる方にとっては、狙い目の職場だといえます。そんなケアに携わりたい方は、ぜ...