日曜日, 4月 14
Shadow

自分に合う診療科を選ぶポイント

同じ看護師の仕事でも診療科によって求められる能力や資格は異なります。勤務形態においても、日勤と夜勤の違いがあります。勤務形態は給与などの待遇面に直接関係するので、転職を考える際はそれぞれのメリット・デメリットを見極めることが大切です。

現在看護師として勤務している人の中には、自分の能力をもっと活かしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。そのためには、診療科の実情を把握しておく必要があります。職場ごとに求められる能力を的確に理解できれば、具体的な将来の道筋が見えてきます。また、職場ごとの苦労や注意点をあらかじめ知っておくことも大事です。

例えば、救急科は重篤な患者が運ばれてくることが多く、複数の科に関わる治療を施します。身体の特定箇所に限らず、全身の治療スキルが必要になってきます。中には病名がはっきりしないケースもあり、各診療科と連携しながら治療を進めることになります。そのため、看護師にも幅広い知識と対応力が求められるのです。

もう一つ例として挙げたいのが、脳神経外科。その名の通り脳に関わる病気を扱っています。脳が損傷を負うと、意識低下や身体麻痺などを引き起こします。場合によっては命に関わるため、高い専門性が要求される分野だといえます。

患者さんは治療後にリハビリを受けるケースが多いため、比較的同じ患者さんと長期的に関わる診療科です。そのため看護師には、脳の診療に関わる専門性とともに、患者さんと信頼関係を築けるコミュニケーション力も求められます。